保護犬と楽しく暮らすために
Home > 保護犬と楽しく暮らすために

保護犬を迎えたら

保護犬は、それぞれ精神的・肉体的に厳しい環境におかれていたことが想像できます。愛犬の過去のことはわからないので、はじめはどう接したらいいかと身構えてしまうかもしれません。

一方、愛犬のほうも新しい環境に戸惑ったり緊張したりしているかもしれません。そのような場合、飼い主さんの不安や動揺はそのまま犬に伝わり、同じように犬も不安に感じてしまいます。

まずはゆったりとした穏やかな気持ちで、ただ愛犬の行動を静かに見守ってあげてください。そして、あなたやあなたの家族が優しい人だということ、あなたの家は居心地がよくて安心できる場所であるということを伝えてください。

小さなお子さんの場合、好奇心から犬をじっと見つめたり触ったりしがちです。犬に戸惑っている様子が見られたら、犬があなたの家に慣れるまでは控えるよう、お子さんに教えてください。
お問い合わせフォーム
PAGE TOP